少し前にアケボノツツジを求めて昨年に続き鹿納山に行きました。
2月以来の山行きですっかりなまった身体でバテバテでした。

花付きは前日に雨が降り若干痛んだり風で散ったせいもあり、昨年の方がよかったような気がします。
今回はボッチさん、大暇さん、アカデミオさんと健脚揃いで、しかも途中での撮影タイムは一切なしで、一気に撮影ポイントに行くものですから、私はのんびりと途中途中で撮影をしながらポイントに行きました。

2017-05-14_07-12-08.jpg

2017-05-14_07-26-05.jpg

2017-05-14_07-23-38.jpg

2017-05-14_08-06-42.jpg

2017-05-14_08-02-12.jpg

2017-05-14_08-08-23.jpg

2017-05-14_08-09-02.jpg

2017-05-14_08-19-54.jpg

2017-05-14_08-22-29.jpg

2017-05-14_08-28-50.jpg


この日はのんびりと撮影したため、湖面の波立ちの表現方法を色々とテストできたことが収穫でした。

2017-05-07_10-01-58.jpg

2017-05-07_10-10-13.jpg

2017-05-07_10-28-26.jpg

2017-05-07_10-30-46.jpg

2017-05-07_10-32-32.jpg

2017-05-07_10-34-23.jpg

2017-05-07_10-38-00.jpg

2017-05-07_10-43-32.jpg

2017-05-07_09-25-30.jpg

しばらく撮影していると湖面が波立ってきました。

2017-05-07_09-30-13.jpg

今回は鏡狙いよりも前回大暇さんからアドバイス頂いたスローシャッターで波立ちを消す練習です。
これがなかなか面白かったんです!

2017-05-07_09-31-52.jpg

2017-05-07_09-40-48.jpg

そうこうする内にようやく森に光が射し込んでくるようになりました。

2017-05-07_09-45-25.jpg

2017-05-07_09-46-12.jpg

2017-05-07_09-47-20.jpg

上の一枚はCanonで撮ったものですが、FUJIとCanonの色合はかなり異なります。VelviaとLandscape、どちらも記憶色になるのですが、時々どぎつくなりますので、最後はカメラマンがどう感じているかになるんでしょうね。

2017-05-07_09-52-10.jpg

2017-05-07_09-52-57.jpg

2017-05-07_09-54-03.jpg



GWの最終日、天気が回復するとのことで篠栗に行きました。雨上がりの晴れ間ということで池が朝靄に包まれることを期待しましたが残念でした。またの機会にということになりました。
しかも、天気予報とは裏腹に曇り模様でなかなか森に日が射し込みません。

2017-05-07_08-15-50.jpg

2017-05-07_08-44-27.jpg

2017-05-07_08-25-58.jpg

2017-05-07_08-51-12.jpg

2017-05-07_08-47-44.jpg

2017-05-07_09-06-11.jpg

2017-05-07_09-10-56.jpg

2017-05-07_09-15-12.jpg

2017-05-07_09-24-30.jpg

2017-05-07_09-25-07.jpg


2017-05-04_18-45-39.jpg

2017-05-04_18-54-34.jpg

2017-05-04_18-52-25.jpg

2017-05-04_18-55-34.jpg

2017-05-04_19-13-00.jpg

ここの魅力はライトアップされた藤の状況を上から見ることが出来ることです。
他では味わえない不思議な光景です。

2017-05-04_19-13-33.jpg

2017-05-04_19-20-25.jpg

2017-05-04_19-23-46.jpg

2017-05-04_19-32-14.jpg

2017-05-04_19-24-47.jpg