Canonギャラリー福岡で大野 崇さんの写真展「Massif du Mont-BlancⅡ Monochrome ~モン・ブラン山群Ⅱ モノクロームの世界~」が開催されています。

氏のコメントにもあるように山岳写真の原点である白黒写真でアルプスの迫力ある写真が展示されており、本当に素晴らしかったです。16日迄ご本人がいらっしゃるとのことです。とても気さくな方ですので、お声をおかけください。

大野崇写真展

大野さんのコメントを掲載させていただきます。

アルピニズム発祥の地であるフランスのシャモニ モン・ブランへはじめて訪れて今年で21年。 ヨーロッパ・アルプス最高峰のモン・ブラン(4810m)を主峰とするモン・ブラン山群の美しさに魅了され、季節を変えては毎年撮り続けてきました。 観光客で賑わうシャモニ谷の風景から、アルピニストのみに許される岩と氷の荘厳な山岳風景まで、アルプスの強烈な光と影が演出する四季折々の情景を今回はモノクロームで表現しました。山岳写真の原点に立ち返り、心に残る感動的なアルプスの山岳風景を皆さんにご覧頂きたいと思います。展示作品はすべてデジタルカメラで撮影、プリントもモノクロのインクジェットプリンターで製作し、デジタル品質の高さを引き出してみました。


大きく引き伸ばされた白黒写真を見る機会はあまり多くありませんし、何よりも素晴らしい写真ですので、わざわざ足を運ぶだけの価値はあります!


9月6日(火)から東京池袋の東京芸術劇場で「2016全日本山岳写真展」が11日(日)まで開催されます。
東京に行かれる方でお時間があるようでしたら、是非立ち寄ってください。

約400点前後の素晴らしい作品が全紙や全倍以上で展示されており、山岳写真を撮られている方は大いに刺激を受けます。
その中に混じって小生の写真も展示されています。他の方々の作品に比べるとちょっと見劣りしますが、ここで全倍以上で展示されることを目指して精進したいです。

写真展は10月以降も朝日新聞社本社、名古屋、静岡のギャリーで巡回展示され、例年1万人以上が訪れるという大規模なものです。

2016083000013198f.jpg

2016山稜

私の作品よりも九重でお目にかかる諸先輩方の作品の方はもっと素晴らしいので恥ずかしいのですが、この先輩方にお褒め頂くことを目標に励みたいと思っています。

さて、今年は東京出張時に「日本山岳写真協会」が写真展を開催するあたり、「全日本山岳写真協会」(名称が紛らわしいですが)と同様に一般公募をしていることを知って、こちらにも応募してみました。
何とこちらも入選通知が届き、こちらも全紙で展示されるとのことです。

こちらの方は既に始まっています。

2016japatenposut640.jpg

これらの写真展開催に併せて東京出張があれば実際に観てみたいのですが、なかなか都合良くは行きません。(^^;)


私の写真が「2015全日本山岳写真展」で展示されます。

■写真展開催期間 9月1日(土) 〜 9月6日(日)
■開催場所     東京池袋芸術劇場(東京・池袋駅西口)

約400点近くの力作が展示されます。各「賞」を取るような写真は大きく引き伸ばされ見応えがあります。私の作品は全倍で展示される予定です。

20150824005832c16.jpg

期間中は約1万人以上の方々が来場される大型写真展です。
東京芸術劇場での展示が終わると朝日新聞本社などいくつかの場所で展示されます。

この写真展に合わせて「2015 全日本山岳写真展」の図録「山稜2015」が会場で販売されます。この「山稜」には全日本山岳写真展の作品の一部が撮影地図付きで掲載されています。

驚くことにこの「山稜」のトップページに私の写真が掲載されています。

 20150829120951820.jpg

この作品集は一般の書展では販売されていません。ご希望の方は販売致しますので連絡をください。

私の作品よりも九重朝駆け隊の皆さんの作品の方が素晴らしく気が引けると同時に、皆さんの作品に刺激を受け、また朝駈けにお供させて頂いているお陰であり、心からお礼を申し上げます。



2日から東京池袋の東京芸術劇場で「2014全日本山岳写真展」が7日(日)まで開催されています。写真展は10月以降も朝日新聞社本社、名古屋、静岡のギャリーで巡回展示され、例年1万人以上が訪れるという大規模なものです。

約350点が展示され、じゅっくり見ると1時間で見て回ることはできません。素晴らしい作品が全紙以上で展示されていますので迫力があります。
その中に混じって小生の写真も昨年に続き展示されています。(^_^;)
そして今年は「2014山稜 全日本山岳写真展作品集」のも掲載されています。

私の作品よりも九重でお目にかかる諸先輩方の作品の方はもっと素晴らしいので恥ずかしいのですが、この先輩方にお褒め頂くことを目標に励みたいと思っています。

th_名称未設定           

th_IMG1635.jpg


12日から東京出張となった 。東京に行った際は出来るだけ写真展に行くようにしている。
今回訪れたのは富士フィルムスクエアで開催されている第17回『彩光写』展(日本大判瀉眞家協会会員)、PENTAXフォーラムで開催されている645D作品展。
いづれの写真もかなりの大きさでプリントされており見応え十分であった。
最近はブログやHPで写真を見ることが当たり前になっているが、こうした写真展に行って大きくプリントアウトされた作品は、モニターで見るだけでは味わえない格別な魅力がある。
自分の住む北九州ではなかなかこうした作品展を見ることが出来ず残念だ。