2011.11.11 臼杵竹宵 Par2
今年のオブジェは雨を想定していたためか昨年、一昨年に比べると少し地味になったような気がしました。

一番人気の旧真光寺のオブジェを見るには毎年30分程度並ばないといけませんので今年もパスしました。

それでも臼杵の町をあちこち歩き回りイベント終了時間迄約4時間に渡って撮影を続け、最後は疲れから集中力が途切れてしまいました。

20111105-5177.jpg

20111105-5158.jpg

20111105-5165.jpg

20111105-5166.jpg

20111105-5169.jpg

20111105-5171.jpg

20111105-5180.jpg

ここは昨年はバックにネオンが輝いていて興ざめしたのですが、今年はイベントに併せてネオンを消灯していてくれたのでいい感じとなりました。

20111105-5189.jpg

20111105-5195.jpg

20111105-5200.jpg

20111105-5204.jpg

20111105-5219.jpg

20111105-5176.jpg


2011.11.10 臼杵竹宵
湯分での撮影を終えて臼杵に向かいましたが、雨がなかなかやみません。このまま雨が降り続けばローソクを使う「竹宵」イベントが予定通り開催されるか不安になってきましたので、途中でイベント案内に確認したところ雨天決行ということでした。それで「撃沈」だけは避けられると少し安心しながらも、一方ででなかなか止まない雨のため、不安に駆られながらも現地に向かいました。

日頃のおこないがいいのか、写真への執念が勝ったのか現地に着く頃には雨もあがり、イベントの間は雨を気にせずに撮影することが出来ました。
なお、イベント終了時間を過ぎると雨がポツポツと降りだし間一髪で「セーフ」となりました。

イベントは臼杵の町全体を使っていますので、撮影しつつ回っているとイベント終了時間迄には全体を回りきれず、いつも回りきれていなかった場所を発見します。

最初に臼杵城に行ってしばらく撮影していると月が見えるようになりました。

20111105-5122.jpg

20111105-5131.jpg

20111105-5132.jpg

20111105-5135.jpg

20111105-5138.jpg

20111105-5139.jpg

20111105-5145.jpg

20111105-5147.jpg

20111105-5150.jpg

20111105-5156.jpg

【続く】