扇ヶ鼻に着く頃にはすっかり曇り空に変わってしまい、青空も隠れてしまいました。扇ヶ鼻のミヤマキリシマも素晴らしく、急速に曇り空になったのが残念でなりません。山頂で昼食&ウトウトをしている間に、一瞬青空が見えたようで、粘り強く青空が見えるまで待機していた方はグッドチャンスをものにしたようでした。
ここで粘っても青空は期待できないと判断して、撮影しながら扇ヶ鼻台地を周回して下山しました。

_MG_6160.jpg

_MG_6164.jpg

_MG_6161.jpg

_MG_6169.jpg

_MG_6168.jpg

_MG_6174.jpg

_MG_6178.jpg

今年のミヤマキリシマはこれで終了ですが、来年も虫害が発生しないことを祈っています。

中岳からの急降下、稲星への急登そしてまた下り、そして池の小屋への登りと、このコースはアップダウンが続きなまった身体にはとても堪えます。何度か立ち止まってようやく池の小屋に到着です。ここで、エネルギーの補給としばしの休息です。どのくらいウトウトしたかわかりませんが、ちょっとまだ身体が重い感じでしたが、このままここで本格的に仮眠するわけにも行きませんので、片付けて出発です。
次の行き先は星生するか扇にするかは近くに行って決めることにしました。

_MG_6083.jpg

_MG_6096.jpg

_MG_6105.jpg

_MG_6114.jpg

_MG_6115.jpg

この時はいいタイミングでガスが流れて来たと思ったのですが・・・・・。

_MG_6121.jpg

_MG_6124.jpg

_MG_6130.jpg

_MG_6131.jpg

_MG_6135.jpg

_MG_6136.jpg

_MG_6145.jpg

_MG_6141.jpg

_MG_6153.jpg

この斜面を見てからまだ時間が早いのでとりあえず途中まで登って斜面を撮影し、それから扇に行こうと思い撮影をしていました。所が程なくして扇側が雲に隠れるようになり、天気予報は翌日から崩れる予報で、下手をするとその影響で扇はガスの中に隠れてしまうかもしれないと思い、星生に行かず扇に行くことにしました。

中岳を後にして久しぶりに稲星に行くことにしました。稲星のミヤマはほぼ終盤でしたが、稲星からみるミヤマは初めてで、なおかつ阿蘇平野に雲海が広がっており、ミヤマキリシマとのコラボを楽しみました。

_MG_6038.jpg

稲星側から中岳を見るとかなり染まっていました。

_MG_6041.jpg

_MG_6039.jpg

_MG_6048.jpg

_MG_6056.jpg

_MG_6070.jpg

しばらく撮影しているとあっという間に阿蘇平野が雲海に飲み込まれてしまいました。

_MG_6073.jpg

_MG_6076.jpg



朝焼けは残念でしたが、ミヤマキリシマが朝日に照らされ、その背景に由布岳が雲海の中に浮かんでおり、日の出直後の美しい光景を独占できました。

_MG_5955.jpg

_MG_5959.jpg

_MG_5975.jpg

_MG_5979.jpg

_MG_5980.jpg

_MG_5985.jpg

_MG_6004.jpg

_MG_6008.jpg

_MG_6011.jpg

日の出直後の光景の撮影を終えて休憩中にこれまた久しぶりに nacchi*** さんと○○さんにお目にかかりました。今日は本当に久しぶりに出会う人ばかりだなぁ〜と思いました。

次は稲星に行きました。


9日(木)から東京出張で12日(日)の夜に帰宅。月曜日は重要な会議が予定されており、休むわけにはいきません。
牧ノ戸コースのミヤマキリシマもようやく惨状から回復しつつあるようなので、できれば撮影に行きたいと思っていました。
ただ、週初めの週間天気予報は当然の事のようにいいはずがありません。(^_^;)
所が、夕方の会議を終えて九重の天気予報を見ると少なくとも午前中は天気が良く、午後からも何とかなる予報に変わっていました。
そこに、耳元で「悪魔の囁き」(笑)が聞こえてきて、そのあま〜い誘惑にいとも簡単に乗って、14日に再び平日の九重詣でとなりました。

東京出張の疲れが残る中、さらに、いくつかの残務を片付け帰宅し、登山の準備、食事(当然外食)等を終えて地元を出発出来たのは既に22時前、食後と言うことで睡魔も襲ってくる中で、途中休憩をはさんで何とか午前1時過ぎに牧ノ戸駐車場にすべりこみました。
この時点で超久しぶりの山靴さんとなんとなんとGOTOさんにお目来かかりました。

午前1時40分に登山開始、中岳山頂には4時10分位に着きました。朝駆け隊のみなさんのペースには到底かないませんが、これまでの自分のペースを考えると随分とペースが速くなっている気がしました。(^_^;)
お陰で何とか日の出前の時間に余裕を持って到着することが出来ました。

軟弱隊の仲間から白い目でみられそうですが、この登山にはオチがあります。
東京出張の後半からなんとなくと風邪気味でしたが、出張の疲れが癒えないまま一睡もしないで登山をして、中岳山頂ではやや寒さを感じながらも撮影を続けたせいもあってか、15日(水曜日)から本格的な風邪症状が出て、夜には39.1度まで熱が上がり、咳が絡んだ咳に体力を奪われて、18日現在病気療養中となっています。(^_^;)

_MG_5917.jpg

焼けそうかなぁ〜とちょっとだけ期待・・・・・・・

_MG_5918.jpg

_MG_5920.jpg

日の出時刻近くになるにつれ、雲がなくなっていきました。

_MG_5930.jpg

_MG_5925.jpg

_MG_5934.jpg

_MG_5940.jpg

_MG_5942.jpg

日の出とは反対方向の阿蘇涅槃像に珍しい雲がかかっています。

_MG_5943.jpg

_MG_5948.jpg