陽が徐々に沈みはじめ同じ場所ばかりでは面白みも欠け、また霞が強かったので、このままここで撮影しても今ひとつと思い、駐車場付近のポイントで撮影するために急いで移動をしました。
そのポイントは昨年本田さんから教えて頂いた所で、本田さんをはじめ数名のカメラマンが撮影していました。

2017-10-09_17-13-33.jpg

2017-10-09_17-17-06.jpg

2017-10-09_17-32-39.jpg

2017-10-09_17-53-51.jpg

2017-10-09_17-55-30.jpg

2017-10-09_17-56-47.jpg

これでこの日の撮影を終えて本田さんと駐車場で歓談していると西の空の色がどんどん変わって行きます。
慌てて車からカメラと三脚を出して再び撮影を開始。

2017-10-09_18-11-14.jpg

2017-10-09_18-13-18.jpg

2017-10-09_18-19-03.jpg

これはホワイトバランスを変えて撮影したものです。

2017-10-09_18-19-58.jpg

最後はなかなか良い色合いになりました。




9日(土)、所用を済ませた後の夕刻に平尾台に行きました。
平尾台に来るのは久しぶりで、今回は夕陽に輝くススキを求めてやってきました。
ところが、昨年ほどススキが見当たりません。太陽が沈む時刻が迫って来ていますので、急いで撮影ポイントを移動するとしている最中に平尾台の神様の本田氏と久しぶりに遭遇、色々とお話をする中で今年はススキがよくないとのことでした。それで、以前から気になっていた写真集に掲載されていた写真の撮影ポイントをお聞きし、行ってみることにしました。ところが、双眼鏡で教えてもらった時には分かったつもりでしたが、実際に近くまで行くとよく分からず断念。その変わり、ススキの群生地を発見し、しばらく近辺で撮影をおこないました。

2017-10-09_15-58-34.jpg

昨年と周りの景色が変わっています。誰かが勝手に草刈りをしたようです。

2017-10-09_15-59-24.jpg

2017-10-09_16-38-01.jpg

ここだけススキが群生していました。

2017-10-09_16-38-58.jpg

2017-10-09_16-40-04.jpg

前ボケを意識して入れてみましたがちょっとわかりずらかったかもです。

2017-10-09_16-45-53.jpg

羊の群となるように切りとってみました。

2017-10-09_17-02-27.jpg

2017-10-09_17-04-42.jpg

2017-10-09_17-05-31.jpg

グレーの石灰岩が夕陽を浴びて色が変わっています。

2017-10-09_17-07-58.jpg




2017-02-04_16-43-34.jpg

これがクライマックスでした。

2017-02-04_16-59-54.jpg

2017-02-04_16-59-02.jpg

あとは今まで撮影していない場所や画角を探し撮影しながら車に戻ります。

2017-02-04_17-00-36.jpg

2017-02-04_17-04-22.jpg

2017-02-04_17-06-44.jpg

ここで撮影中に車が通り、車を入れて撮影します。

2017-02-04_17-08-03.jpg

どういうわけか黒い車ばかりやって来ます。

2017-02-04_17-10-12.jpg

2017-02-04_17-11-29.jpg

やっと白い車がやって来ました。

2017-02-04_17-14-21.jpg

もう少し粘れば車のライトをアクセントに出来たかもしれません。但し、その時間に車が通ればですが・・・

2017-02-04_17-18-19.jpg

2017-02-04_17-22-33.jpg

今週末はかなり寒くなりそうです。山に行けるか、天気も仕事のことも含めて微妙ですが、今期最後と思われる雪景色をどこかで撮影したいな・・・・・・(^_^)v



2月4日の夕方、平尾台散策をしました。
天気予報では1日曇り予報でしたが、朝からいい天気でした。気温が高いので山はパス。日曜日から天気が崩れる予報なので夕焼けを期待して夕方に平尾台へ行ってきました。

平尾台も久しぶりで、本当は雪景色の平尾台を撮影したいのですが、雪が降ればやはり九重に行きたいので、雪景色の平尾台を撮影出来るのはまだ当分先になるのかもしれません。

平尾台に上空をみると、陽が沈む方向にやや雲が広がり光が弱い感じでしたが、いい雲が広がっていました。
夕焼けは期待できないかなと思いましたが、折角来たので少し散策してみました。

まずは、いつもは気にならなかった古木ですが、今回は何となく気になったので、角度を変えながら撮ってみました。

2017-02-04_16-01-24.jpg

2017-02-04_16-02-34.jpg

2017-02-04_16-06-24.jpg

2017-02-04_16-03-03.jpg

続いては石灰岩と雲を絡めて・・・・

2017-02-04_16-36-24.jpg

2017-02-04_16-28-52.jpg

右側の雲がもう少し薄ければ焼けるよなぁ〜なんて思いながら撮影しました。

2017-02-04_16-37-54.jpg

2017-02-04_16-31-48.jpg

岩の形を面白く表現するために撮影ポイントと画角を考えながら撮ってみました。

2017-02-04_16-35-01.jpg

2017-02-04_16-42-58.jpg


2016-10-23_17-33-03.jpg

23日はこれで終わりと思っていましたが、その数分後に再びドラマが始まりました。

2016-10-23_17-35-05.jpg

なんと上空の雲が焼け出したのです。

2016-10-23_17-37-49.jpg

背景・前景は潰れてしまいましたが、ちょっと興奮しました。

2016-10-23_17-38-39.jpg

これをどこで撮るかはもう少し平尾台での撮影ポイント探してからのことになります。
今回は今頃の時期にどこに太陽が沈むか確認出来ただけでもOKでした。

2016-10-23_17-39-36.jpg

前景の岩の階調を出すと空が白みます。こういう時はやはりHDRしかないのかな〜。

2016-10-23_17-42-41.jpg

日が落ちてからも残照でこの雲が残ったままとなり、これはこれでいい感じでした。

2016-10-23_17-47-45.jpg

2016-10-23_17-51-16.jpg

2016-10-23_17-59-59.jpg

平尾台も広いので、季節季節で太陽が沈む時の撮影ポイントを探して、この日のような素晴らしい夕暮れを撮影したいものです。