池に映る涸沢カールを撮影するために、池を半周し色々な角度から撮影しました。
22日は下山し12時間以上かけて九州に戻らなければならないのですが、23日が休みと言うこともあり前回と同様全員が撮影に夢中でかなりの時間ここで撮影し、さらにそこから屏風岩コースで昨日引き返した所まで全員で行きました。前日は少しガスがかかる事が多かったのですが、この日はほぼ快晴でここでもしばらく撮影しテン場に戻りました。

20150922-20150922060414_XT15673.jpg

20150922-20150922060458_XT15675.jpg

20150922-20150922062056_XT15702.jpg

20150922-20150922063326_XE20696.jpg

20150922-20150922063344_XE20698.jpg

20150922-20150922064010_XT15720.jpg

20150922-20150922065948_XT15728.jpg

20150922-20150922071338_XT15736.jpg

テン場に戻った後は朝食、撤収、その後下山開始です。下山時も撮影をしながらでしたので、健脚組を随分待たせることになってしまいました。(^_^;)

上高地に着いたのが16時近くになり、タクシーに乗るまでに約1時間近く並び、ようやく週発点の駐車場に戻ることが出来ました。

今回のSWは天気に恵まれ、涸沢の紅葉も日に日に染まって行く様子を見ながら絶景を堪能できて本当によかったです。
また訪れる機会があれば、穂高の頂きにチャレンジして見たいものです。
念願であった涸沢に来れたのも九重朝駆け隊の仲間のお陰で、心から感謝しています。


21日は早く寝たため4時間くらいは熟睡したと思いますが、後はうつらうつらしながら時間の過ぎ去るのをシェラフの中で待っていると、外から仲間の声が・・・・・。どうやら外は満天の星らしい。時刻は午前1時過ぎ。起きるには早いが、このままシェラフの中にいても寝られそうになかったので、起きてヒュッテに星景撮影に出かけました。
星は前日よりも多かったように思いますが、撮影しても何故だかうまく映りません。カメラの設定を色々と変えてもうまく映りません。
撮影タイムの終わり頃にレンズにPLフィルターをつけたままにしていることに気がつき、どうりでうまく撮影出来ないはずです。(T_T)

星景撮影を終えて一寝入りするものと思っていましたが、仲間の一人がどうやらそのまま朝まで待つようで、周りの仲間は呆れながらもそのまま夜明けまで待つことになりました。

20150922-20150922053404_XT15620.jpg

2日続けてこの光景に出会えて本当にラッキーでした。感動しながらシャッターを押し続けました。何枚撮っても飽きませんでした。

20150922-20150922053426_XT15623.jpg

20150922-20150922054038_XT15639.jpg

太陽の光が強くなると涸沢カールが一段と輝きをまし何とも言えぬ素晴らしい光景となります。

20150922-20150922054050_XT15641.jpg

20150922-20150922054154_XT15643.jpg

白い部分は雪渓です。雪景色の朝焼けも一度はみたいものです。

20150922-20150922054544_XT15646.jpg

モルゲンが終わった後は池に移動して映り込みの撮影です。

20150922-20150922055414_XE20664.jpg

前日よりも気温が低かったためか池が凍っており。変化に富んだ撮影が出来ました。

20150922-20150922055914_XE20672.jpg

20150922-20150922060322_XT15671.jpg

20150922-20150922055500_XE20667.jpg

紅葉部分と池の割れた所がハートに見えました。

健脚組が奥穂から戻って一緒に屏風岩に行こうと行っていましたが、待ちきれずに行ってみましたが、途中にちょっと注意しなければならない箇所がありそこで引き返しました。写真は屏風岩に行くコースの途中で撮影したものです。

20150921-20150921104118_XT15528.jpg

20150921-20150921104400_XT15534.jpg

北穂がカッコイイ !

20150921-20150921104446_XT15536.jpg

20150921-20150921105338_XT15541.jpg

20150921-20150921110046_XT15545.jpg

涸沢ヒュッテで健脚組と合流し昼食。その後テン場に移動して休憩する頃からガスが押し寄せ、結局夕方はほとんどガスにつつまれたままでした。

20150921-20150921134636_XT15557.jpg

20150921-20150921173336_XT15566.jpg

夕食も早めに取り、最終日に備えて就寝。


前日にロケハンしていたことが役に立ちました。

20150921-20150921060006_XT15470.jpg

20150921-20150921060324_XT15480.jpg

20150921-20150921060206_XT15476.jpg

前日より幾分か紅葉が濃くなっている気がしました。

20150921-20150921060628_XT15485.jpg

水に映る涸沢カール。まるで絵画を見ているようでした。

20150921-20150921060642_XT15486.jpg

20150921-20150921081730_XT15491.jpg

涸沢ヒュッテ新館宿泊所の屋根付近から。ここだけが既に見頃を迎え朝陽で一層美しく染まっていました。

20150921-20150921081750_XE20610.jpg

20150921-20150921082216_XE20611.jpg

20150921-20150921082834_XT15503.jpg

Bさんが様になっています。

20150921-20150921083940_XT15508.jpg

朝のショーが終わると穂高連峰に面白い雲が流れこんできました。

20150921-20150921092000_XT15512.jpg


涸沢のモンゲルは2度あると仲間から聞いていたのだが、本当にそうなりビックリ。

20150921-20150921053028_XT15433.jpg

20150921-20150921053236_XT15438.jpg

焼けた雲がまるで火柱のようになっています。さすがアルプスの朝焼けは違うと思いました。

20150921-20150921053324_XT15439.jpg

20150921-20150921053716_XT15448.jpg

そして2回目のモルゲンです。そうそう、この感じ、何度も山の写真集でみた感じです。同じ場面に立て、そして同じ光景を見ることが出来て嬉しかった〜(^_^;)

20150921-20150921053724_XT15449.jpg

20150921-20150921053730_XT15450.jpg

そして今度は穂高連峰が金色に染まる

20150921-20150921053752_XT15452.jpg

20150921-20150921054216_XT15453.jpg

20150921-20150921054334_XT15456.jpg

20150921-20150921055730_XT15465.jpg

九重に何度も通っていますがここまでのモルゲンはまだ見たことがありません。
憧れの涸沢でこの光景に出会えて良かったです。