虎尾桜撮影後に「くじゅう写真館」の川上信也氏が富士フィルフォトサロン福岡にて開催している写真展「福岡Road Pictures 道のむこうの旅空へ」を見学に行きました。
この写真展は川上氏が出版した「福岡Road Pictures 道のむこうの旅空へ」を記念しての写真展です。全紙で40枚の写真が展示されてあり見応え十分でした。これまでも数回氏の写真展に行っています。氏がまだ法華院山荘に勤務していた頃からのファンで、私が九重と写真にはまるきっかけとなりました。氏が出版した「坊がつる日記」(2003年)、「写真集くじゅう万象」(2004年)も購入し氏からサインまでいただいています。もちろん今回も購入しサインをいただき、さらに少しお話をさせていただきました。今回の写真集も素晴らしく所々にあるコメントを読むのが楽しみです。でも写真集もいいのですが、やはり写真は(大きく)印刷して鑑賞することで作品としての魅力が増し、作者の思い、鑑賞者の思いが、その写真を通して膨らんでいくことをあらためた感じました。それはディスプレイを通しての作品発表や鑑賞以上の魅力があると思います。

             20100403パネル5