夏休みの初日、森川氏を連れだし九重へ。2人で天気予報にやきもきしながら九重へやってきた。
駐車場には流星群を見るためか多くの車が駐車していた。駐車場では綺麗な満月が見え、これで撃沈だけはないと一安心。沓掛山あたりまでは満月も見えていたが、だんだんとガスが強くなりほどなく視界がきかなくなってきた。沓掛山あたりで(だったと思う・・)「悪天候愛好クラブ」のginさんに追い抜かれたが、他の会員諸氏はお休みのようだった。久住避難小屋でやっとginさんに追いつき暫く歓談していると、ほどなくしてsumi氏がやってきた。ginさんは中岳に行くとのことで先に出発、我々2人も中岳を目指し出発。
ginさんは歩くのが速くあっという間に引き離されてしまった。どうしたらこんなに早く歩けるようになるのかな〜・・・。ginさんは御池を超えて天狗と中岳の分岐点で我々を待っていてくれて、ガスの状況から天狗に行くとのことであった。我々は当初の予定通り中岳に行くことにした。

やはり百戦錬磨のginさんの判断は的確で中岳での夜明けは強いガスに遮られたが、天狗での夜明けはガスに包まれた中岳よりはよかったようだ。

【ガスの中からかろうじて太陽が顔を出した】
5DMark2-3686.jpg 5DMark2-3692.jpg 5DMark2-3694.jpg

単調な夜明けも、この後から素晴らしいドラマが待っていた。

詳細は後日アップします。