夜明け後はブロッケンを待ちます。そして、nono&kehyさんが白い虹を確認、先週に比べるとやや虹が薄い気もしますが、贅沢は言っておられません。
初めて見る白い虹にとっても感動しました!!
北九州を出る時は土砂降りでどうなることかと思いましたが、九重では満天の星空、そして雲海とガスが繰り広げる早朝の山頂でしか味わえないドラマ。
台風の合間に朝駆けに訪れた人たちへの九重の女神からの贈り物でしょうか。

201109195DMark2-4276.jpg

201109195DMark2-4281.jpg

201109195DMark2-4291.jpg

201109195DMark2-4293.jpg

201109195DMark2-4297.jpg

201109195DMark2-4298.jpg

201109195DMark2-4302.jpg

201109195DMark2-4310.jpg

201109195DMark2-4314.jpg

201109195DMark2-4338.jpg

最後の写真は午前7時30分に撮影したものです。先ほどまで青空が広がっていましたが、天気予報通り急速に雨雲が広がってきました。急いで荷物を片付けて山頂を後にします。
久住別れ避難小屋に入ると久住で撮影をされていた山靴ご夫妻がおられました。朝食を食べながらしばらく歓談をしていましたが、何だか外が暗くなってkehyさんが外に出て確認をすると小雨が降っているとのこと。
nono&kehyさんはさっと片付けて出発、流石に手慣れているな〜と感心しました。続いて大暇さん、morikawa34さん、山靴さんご夫妻と一緒に小屋を出て下山開始。小降りだった雨もすぐに本格的に降ってきました。

下山途中に小さな子供たちやお年寄りとすれ違いましたが、中には雨具も付けずにこの悪天候の中を登ってくる子供達を目にしました。そこまで無理をすることはないのになぁ〜と思ってしまいました。

とは言っても私も雨の中の登山は初めてで、ザックカバーをつかったのも初めての経験となりました。
やはり雨の中の登山はあまり経験したくないなぁーと思った次第です。

下山後は温泉に行こうというmorikawa34さんを強引に竹田の七ッ森古墳の彼岸花の撮影に連れて行きました。
七ツ森古墳の様子はまた後日報告します。