週末の天気が久しぶりに良くしかも寒波到来が一致しましたので、今冬初の雪山登山をおこないました。
寒波到来と言うことで積雪の九重を期待していましたが、登山路も山頂も所々に積雪はありましたが思いの外積雪はありませんでした。
noono&kehyさんsumiさんのblogを見ると土曜日はそれなりに雪があったようですのでちょっと残念です。

下山路で夕駆けに来られた木下さんと、駐車場で同じく夕駆けに来られて出発の準備をされていた山靴ご夫妻にお目にかかり暫く歓談をしました。天気予報では夕駆けするには微妙なところでしたが、このところ、木下さんも山靴ご夫妻も夕駆けで連続して素晴らしい光景に出会えていますので、きっとこの日も執念で素晴らしい光景を引き寄せたのではないかと帰りの運転をしながら思いました。

さて、私の方は牧ノ戸駐車に着いた時は半月が綺麗に見えていましたが、扇ヶ鼻を過ぎたあたりからガスで視界が効かなくなり、これはうまくすると「大いに期待」できると思わせました。

肝心の朝駆けの結果ですが、陽が昇る前に御池方面の空とガスがオレンジに染まりとても幻想的になりました。しかし、2ヶ月ぶりの登山ということもあって、足が前に進まず、この光景を天狗山頂から見ることが出来ず、山頂に着いた時にはこの光景はなくなっており、写真に撮ることはできませんでした。

この日はガスがものすごく、ガスの合間から見せる光景はなかなかのものでした。それにブロッケンがかなりの時間見ることが出来てgoodでした。欲を言えば、山頂にもう少し雪があり、真っ白になった星生山が見え隠れする中でブロッケンを撮影できると良かったのですが、それを望むのは贅沢なんでしょうね。

長い時間、天狗でブロッケンを撮影していたのですが、途中で中岳に移動することも考えましたが、中岳方面は結構ガスに包まれていましたので、夏にginさんからのお誘いを蹴って中岳に行った時のことがあるのと、自分の歩く速度を考えると中岳に着いた時にはガスがなくなることを心配して最後まで天狗で粘りました。
こういう時に百戦錬磨の「朝駆け隊」のみなさんがいると心強かったのですが・・・・。

最初に夜明け前後の写真から。

20111218-7303.jpg

※この写真を見て思ったのですが、山頂からではなく天狗への途中から御池が見える所で撮影すると、御池とからめて良かったかもしれません。

20111218-7305.jpg

20111218-7309.jpg

20111218-7311.jpg

20111218-7313.jpg

20111218-7314.jpg

... 続きを読む