池の小屋を出てからはのんびりと定番ポイントで撮影しながら下山をしていきました。途中で、時折青空が広がるものの長続きしないものですから、ボッチさん、原園さんの夕駆けは撃沈の可能性が高いですね〜なんて話をしていました。(ボッチさんは結局夕方迄粘らず、原園さんが粘って素晴らしい光景に出会えたようです)
ところが、夕駆け来た木下さんとお目にかかって以降、だんだんと青空が広がっていき駐車場に着いた頃には逆転でいい感じで焼ける雰囲気になっていました。

さて、行きになくしたアイゼンですが、GOTOさんが下山時に見つけてくれて、駐車場まで持って降りてくれていました。ありがとうございました。m(_ _)m

温泉に入り仮眠しながらの帰路で、空が焼けて行く様を見ながら夕駆けが出来なかった事を残念に思っていました。(-_-)

K-7 -8269

K-7 -8279

K-7 -8283

K-7 -8292

K-7 -8293

K-7 -8314

K-7 -8317

K-7 -8324

K-7 -8325