数ヶ月前に Net Audio なる雑誌が目にとまり購入。実は小生は大の音楽好きで、それが興じてオーディオに凝った時期もあった。オープンリールデッキ、レコードの針、単品コンポとはまり続け、最後は輸入品の真空管アンプとスピーカーに手を出し、カセットデッキやCDプレイヤーも当時としては相当水準の高いものをチョイスしてJazzを聞いていた。オーディオにハマった時代からしばらく遠ざかってたが、この雑誌を見てすこ〜し火がついた状態が続き、本当に偶然にネットワークプレイヤーやハイレゾ音源の存在を知り、俄然興味が出てきた。
そして、地元のオーディオショップに時間つぶしに立ち寄ったところ、Pioneerのネットワークプレイヤーの新古品が驚くほどの価格で展示されており、少し価格交渉をおこなってみると、さらに下がりついにゲットしてしまった。

先週からインターネットラジオでJazzを聞き続けているのだが、夜に聞くJazzはとても心地よい。
毎年夏の終わりから聴く音楽はいつも無意識のうちにJazzを聴いている。

今のPCオーディオの状況を知るにつけて興味が湧いてくる・・・・・。
夕方からネットワークプレイヤーの設定をしてとりあえずPCで聞いていたJazzこのネットワークプレイヤーで聴けるようになった。PCと一緒で奥が深そうだな〜 (^_^;)
手元にはPC用のスピーカー(JBL:Encounter)しかないのでオーディオ用のスピーカーでみずみずしくJazzを聴きたくなったのは間違いない。

20120825-2387.jpg