2012.09.28 新兵器を試す
ある日、なにげなくSIGMA DP2 Merrill の写真を見て衝撃を受けるほど驚いた。NikonやCanonのフラッグシップ機の写真を見てもこれだけの驚きはなかった・・・。それからDP2Mについて書かれているBlogを読みあさる日々が続き、どのユーザーも条件さえ良ければ素晴らしい写真となるが、使いこなしもそれなりのスキルを求められることを書いていた。

自分の撮影スタイル、そして単焦点であること、画角が45mmであること、手ぶれ補正もないこと等を考えると、いくら高画質とは言え、どういう場面で使うか今ひとつ浮かんでこなかったのだが、多くのユーザのBlogを見てしまうと、我慢仕切れずにPentaxを下取りに出し手に入れてしまった。

そして、カメラが手元に来た時に広角仕様のDP1Mが発表になり、がっかり・・・。

初期設定を終えて出番を待ったがなかなか実践投入できるチャンスがなかったのだが、やっと22日の撮影で試すことができた。
初期設定をおこない、使い方は一通り頭に入れていたつもりであったが、最初の10数枚はJPEGになっており、さらにいざ撮影となるとホワイトバランスの変更などの撮影に戸惑うこともたびたび・・・。
しかも、過去のSIGMAのカメラは赤の表現が苦手であり、心配していたのだが、やはり難しかったようだ。

撮影した写真を見ると、自分の腕の問題もあるが、他のユーザーのBlogで見たような感激は沸いてこなかった。
次回はもう少しDP2Mで撮影をして、慣れる必要があるかな。。。。

SDIM0010.jpg

SDIM0012.jpg

SDIM0014.jpg

SDIM0015.jpg

SDIM0017.jpg

SDIM0018.jpg

SDIM0021.jpg

SDIM0027.jpg