天気予報を何度も確認して雨天開けの4日、満を持してミヤマキリシマの平治岳に向かいました。雨天開けの晴天、運がよければ昨年と同様の絶景に出会うかとが出来るかもと期待してのことです。
午前1時前に入山、雨で滑りやすくなっているのでゆっくりと注意しながら進んで行き、かくし水を過ぎてしばらくした所でアクシデントが発生。進むか撤退か迷いましたが、登山は何事も自己責任ですから撤退を選択。此処まで来ての撤退に未練たっぷりでしたが仕方がありません。

下山後、本来ならば即帰路につかなければならない状態でしたが、未練があるため即帰することができず、寄り道をして帰ることにしました。
行き先は天空の道です。うまくすれば雲海に出会えるかもと思いつつ阿蘇に向かいました。アクシデント直後ですので慎重に運転をおこなったため、日の出直前の到着となりました。

残念ながら雲海に浮かぶ天空の道とはなりませんでしたが、空が焼けました。この空を平治岳から見たかったと悔しい思いをしました。ちょっとした不注意からこの光景を見ることが出来なかった後悔が強く、情けない思いをしました。

image-2009.jpg

久々にこの朝焼けを見て興奮すると同時にこれを山頂から見られない悔しさが・・・・・

image-2050.jpg

image-2057.jpg

image-2069.jpg

image-2059.jpg