ハウステンボスのドムトルンから花火があがるという情報を師匠に頂き、一緒に撮影させて頂くことにしました。
ハウステンボスの花火大会は素晴らしいのですが、撮影ポイントの場所取りが必要で、20時から開始される花火大会に13時迄に現地入りをしなければならず、花火大会が始まるまでの待ち時間の事があり、2年前に1度撮影しただけに終わっていました。

今回も炎天下の中での待ち時間がとっても辛かったです。散歩、読書、居眠り、雑談などで時間潰しをしましたが、とってもしんどかったです。

肝心の花火ですが、ドムトルンの花火はやや期待はずれ、その後も花火そのものは素晴らしかったのですが、無風で花火の煙が停滞して花火を隠すようになり残念でした。もちろん、撮影者の技術も全然ダメで、やはり何度も経験していかないとうまく撮影できないですね。

今回は欲張って3台体制で臨みましたが、技量が足りないのに欲張ったことも大きな失敗でした。
最初に最近のお気に入りになっている「X-T1」で撮影したものです。

夕暮れは前回と同様に焼けました。
撮影はホワイトバランスの変更、撮影モードもVelviaにして、見た目よりも印象重視で撮影しました。

_XT17555.jpg

_XT17561.jpg

_XT17565.jpg

_XT17567.jpg

_XT17572.jpg

_XT17573.jpg

_XT17574.jpg

_XT17581.jpg

_XT17583.jpg