下山途中、星生山登山口で山靴ご夫妻に出会いました。奥様にお目にかかるのは本当に久しぶりです。そしてどういうわけか、奥様とお目にかかるのはバレンタイン前後が多く、今年も一足早くチョコをいただきました。ありがとうございました。
山靴さんから星生での夕暮れ撮影を強く誘われましたが、翌日が勤務のため後ろ髪を引かれる思いで下山しました。

ところが、沓掛の登り口で1人のカメラマンが三脚を立てて三俣方面を撮影している光景が眼に飛び込んできました。山靴さんと別れた後から陽が沈む方向にあった雲がなくなり、上空には綺麗な青空が広がっており、三俣や星生が夕陽で染まる光景を見たくなり、大暇さんと別れて1人で沓掛山頂に夕暮れまで残る事にしました。

しばらく撮影しているとボッチさんが下山してきましたので、声をかけて夕暮れまで一緒に撮影しました。

2017-02-12_15-04-51.jpg

2017-02-12_15-15-27.jpg

2017-02-12_15-40-15.jpg

2017-02-12_16-27-17.jpg

2017-02-12_16-30-35.jpg

鍋谷の霧氷がとても綺麗で夕暮れまで残ることを決心させた要因の一つです。

2017-02-12_16-49-31.jpg

西日が当たるようになると真っ白だった山々が黄金色に輝き始めます。

2017-02-12_16-52-16.jpg

2017-02-12_17-07-22.jpg

2017-02-12_17-06-19.jpg