3日は軟弱隊も驚く軟弱ぶりのミヤマキリシマ撮影となりました。

当初の計画では平治岳に朝駆けを行う予定で土曜日から準備を整えていました。昨年の轍を踏まないようにと、自宅を早めに出るなど十分な時間の余裕を持った計画を立ていました。暫く山から遠ざかっているため、体力低下のことが気がかりでしたが・・・。

ところが、九重に近づく頃からフロントガラスに水滴が・・・
天気予報を信じて疑わなかったので、その時は雨だとは思わなかったのですが。そして長者原に着くと2つの駐車場は既に満車。この時点で、平治岳への登山に黄色信号が。このことを考えると吉部も男池の駐車場もかなりの埋まっていると予想し、時間もあったので取りあえず牧ノ戸へ。途中の大曲の駐車場も既に満車状態でした。

牧ノ戸方面は結構雨が降っており、駐車場は満車とは言えないまでもいつもの朝駆けよりは多くの車が駐車していました。さて、どうするか考えている最中にもフロントガラスに水滴が付いていき、風も強くなり車が大きく揺れます。これで、平治岳の朝駆けを断念。さらに、天気予報では晴れになるとの予報でしたが、この調子では雨になる可能性も考え、さらに長者原・大曲の駐車場の状況を考えて、平治岳を完全に断念。(こういう天気で1人ということもありちょっと躊躇して引いてしまいました(-_-)
結果的には後悔することになりましたが・・・。

そう決めてからは、今度は天狗への朝駆けのつもりでしたが空は黒い雲に覆われている感じで、とても朝焼けは期待できそうになくなり、結局、こちらも朝駆けを断念し仮眠を取ることにしました。
しかし、車が揺れる程の強風と次々にやってくる車で何度も目が覚め、気がつくと明るくなっていました。相変わらず曇り空ですが、雲の流れから天気は予報通りに回復方向に向かっている気がしましたが、次々と入山していく登山者を見ながらもどうしようかと迷っていました。
天狗方面のミヤマキリシマは天敵によって危機的な状態だというし、星生や扇ガ鼻はまだ早いと思いなかなか入山の決断がつきません。このまま帰ろうかと何度か思いましたが、身体慣らしにのんびりといきあたりばったりの入山もいいかと思って6時45分に入山しました。

続く


【最初のカット:西千里ヶ浜の状況】

20120603-7901.jpg

まだほとんど咲いていません。

【ガスが取れていく扇ガ鼻】

20120603-7905.jpg

20120603-7915.jpg




Secret

TrackBackURL
→http://mindphoto.blog.fc2.com/tb.php/206-6be45902