9日でブログを開設して2年が経過しました。ブログを続けるのは思ったよりは大変でしたが、新たな出会いがあり、また多くの方々に訪れて頂いることが励みになり、遅れ遅れではありますが更新を続けられています。

2週年記念はブログを開設するきっかけとなった九重への朝駆けをすることにしました。
先週前半は春を思わせる陽気となり今シーズンの冬は終わったかと思ってましたが、金曜日の寒波到来で積雪の九重を期待して朝駆けを敢行することにしました。
しかし、牧ノ戸駐車場迄の道路や駐車場そして登山口にも期待した積雪はありませんでした。

駐車場にはすでに朝駆け隊の山下さん、大暇さん、ginさんが待機中、準備中に「仙人さん」(原園さん)がやってきました。
歩くスピードを考えて朝駆け隊よりも若干早く出発しましたが、結局は途中で追い越され、避難小屋に着いたのは最後となりました。しかし、到着時間を見ると、少しずつではありますが歩くスピードが早くなつています。

牧ノ戸登山口の石段の所には積雪が残っていましたが、そこを過ぎると積雪もなく、山頂も氷点下14〜15度でしたが、雪も樹氷もありませんでした。また、雲海もなく、期待した朝焼けも物足りなく、少々残念な朝駆けとなりました。最近の朝駆けはご来光を見れただけでは満足せず、写真の腕はともかく求める事が高くなってきています。

天狗での朝光景は平凡でしたが、池の小屋で朝駆け隊と楽しいひと時を過ごして早々に下山しました。

EM-5-2100734.jpg

EM-5-2100737.jpg

上の2枚は山下さんも撮影していたのですが、山下はさんはまだ周りが暗い内から綺麗に撮影できていたのですが、私のOM−Dは残念ながら前回に続き暗い被写体を捉えることが出来ませんでした。周りが少し明るくなってようやくかすかに捉えることができました。Canonを使っているときはそうした経験はなかったのですが・・・。
朝駆けはまだ周りが暗い内からの撮影が多いので、重いのですがCanonに戻すことが必要なのかもしれません。

EM-5-2100756.jpg

EM-5-2100764.jpg

EM-5-2100770.jpg

陽が昇ったのを確認し、北尾根に移動しました。ここから太陽が見えるようになるまでには随分と時間がかかりました。山頂では既に太陽が顔を出しているのに、ここではまだ昇りきっていない、太陽が見る位置が僅かに違うだけで別の景色となるわけですから、2度の日の出を見るという不思議な経験したことになります。

EM-5-2100772.jpg

EM-5-2100788.jpg

EM-5-2100794.jpg

由布岳方面には雲海があるのですが、九重方面には流れてきませんでした。

EM-5-2100795.jpg

EM-5-2100799.jpg

EM-5-2100801.jpg

いつも紅葉や樹氷に覆われた所を撮影しているのですが、この日は初めて冬枯れの光景を撮影しました。何となく惹かれるものがありました。



Secret

TrackBackURL
→http://mindphoto.blog.fc2.com/tb.php/326-8c1af073