7日にボッチさん、仙人さんの案内で平治岳に行きました。ミヤマキリシマ開花時以外は来ることのない平治岳、そこにこの時期に行くというので同行させていただきました。

午前1時前に男池を出発、山頂には5時過ぎに着きましたが、山頂はガスで覆われ時折雪が降る状況でした。
自宅を出る迄の天気予報は深夜〜午前中は晴れ予想で、駐車場では星空も見えていましたので、綺麗な雪景色を楽しみにしながらきつい登山路を登っていきました。しかし、朝駆けは撃沈。なんだか1月の大船に行った時と酷似しています。

大船の時は9時に下山しましたが、段原に降りてきたところで青空が見えるようになり少し残念な思いをしました。が、今回は前回の轍を踏まないというボッチさんの強い意志が感じられ、3人で待機を続けました。そうこうする内に9時を過ぎた頃からガスが動き出し時折視界がひらけるようになり、勇気づけられ再度気合いを入れ直しての待機となりました。9時30分を過ぎた頃から青空も見える様になり、10時には待望の青空が広がり、3人で貸し切り状態の山頂で撮影を楽しみました。今回はボッチさんの「読み」と「粘り」勝ちの結果となりました。

初めて冬の平治岳で撮影することができ、ボッチさん、仙人さんに感謝します。

th_image-6013.jpg

th_image-6030.jpg

上の2枚は少しガスが取れてきた時に撮影しました。大船の時は1枚も撮影せずに下山しましたので、今回は撃沈でも1〜2枚は撮影しようと思い撮影しました。

th_image-6035.jpg

ようやく視界がひらけてきて坊がづるが見えてきました。

th_image-6041.jpg

th_image-6046.jpg

th_image-6068.jpg

th_image-6071.jpg

th_image-6074.jpg

前回の登山の時からどうも妙に写真が「青いな〜」って思っていましたが、今日カメラの手入れをしているとホワイトバランスが動いているのは発見しました、アチャ〜・・・・・(^^;)


Secret

TrackBackURL
→http://mindphoto.blog.fc2.com/tb.php/537-4c7a412f