土曜日は18時まで仕事、日曜日の天気予報を見ると好転しており、梅雨の狭間の好天はよい光景が生まれやすいので山に行くかどうかかなり悩みましたが。最終的には写友との約束を優先させてホタル撮影に行きました。
山は久々にヒットだったようでとても羨ましいのですが、ホタル撮影も1ヶ月半続け何とか要領がわかったので、来期への手応えを感じることが出来ました。

撮影地は出発時間が遅かったので先週と同じです。現地に着いた時には誰もおらず、先週の賑やかさが嘘のようでした。
ホタルの光跡が見えるようになる20時過ぎてからポツポツと見学者が集まってきましたが、ホタルの光跡が増えてきたのは8時30分近くになってからでした。ホタルの量も先週と比べると半減しており、そろそろ終焉を思わせる状況でした。

観光客のマナーは相変わらず悪く、煙草を吸う、煙草の灰を道に捨てる、ホタルが飛んでいるところに懐中電灯を照らす、グループでやって来て我が物顔で騒ぎ廻る、折角の雰囲気が台無しでした。
来年からは此処には来ませんが、観光客もそろそろ考えてほしいものです。

写真は50mmで撮ったものです。今回はWBを変えて撮影してみました。木が明るいのは遠くの街灯の影響のように思えます。

20150627-DM35465_50mm.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://mindphoto.blog.fc2.com/tb.php/859-a70b24a9