夕暮れをどこで迎えるか悩みましたが、本峰で迎えることにしました。
再び本峰に来て思ったことは朝の柔らかな光で北峰を撮影してよかったと思いました。目の前にある光景は、いいと思った瞬間に撮らないと二度と出会えないということを目の当たりにしました。朝に比べるとどこかべったとした感じでした。
しかし、夕方の斜光が北峰に当たり出すと状況が一変します。本峰下の展望岩に行くと、朝の光景とは違う光があたり素晴らしい光景が広がっていました。ここでしばらく撮影して、アカデミオさんをここに残して別の角度から撮影するために急いで本峰の別の展望岩に移動しました。
この時間になると撮影しているのは我々2人だけ(と思っていましたが別の所に3人いました)で、この絶景を独占状態でした。

2015-10-17_14-45-03.jpg

2015-10-17_15-00-19.jpg

2015-10-17_15-51-34.jpg

小鍋に迫る陰が面白い・・・・・

2015-10-17_16-03-30.jpg

2015-10-17_16-17-15.jpg

2015-10-17_16-18-13.jpg

2015-10-17_16-23-20.jpg

2015-10-17_16-24-17.jpg

2015-10-17_16-24-50.jpg

大船の紅葉も一段と赤くなって見えます。

2015-10-17_16-33-12.jpg

2015-10-17_16-33-54.jpg

2015-10-17_16-34-32.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://mindphoto.blog.fc2.com/tb.php/914-dc13b1bc